2012年7月1日日曜日

元気をもらう(東日本大震災復興支援)



6月25~27日と、宮城県の被災地入りしてきました。

上の写真は、名取市の道ばたにある田んぼアートで 「元気 ありがとう」と書いてありました。
車で走りながら撮影したので、全体が撮れなかったのが残念。



2度目の夏を目の前に迎え、前に進む人、まだまだ気持の整理がつかない人、様々な思いのあるなか、ポツポツと家や建物が建ち始めています。

大量のトラックが所狭しと走り回り、仙台の繁華街は、遠方から建築や道路作業のため長期滞在される方々で賑わいを見せています。



山元町の岩佐イチゴ農園も、はるの収穫を終え、苗の撤去作業に追われていました。

まだまだ、家族以外の人を雇う余裕の無い中、家族一丸一生懸命ハウスを増やして頑張っておられます。

春には、この農園で作られたイチゴを、姫路市のイーグレ姫路にて直販のお手伝いもさせてもらいました。農園の家族の皆さんは、いつも明るく、農家の心意気を見せて下さいます。

作業の休み時間に
「今日はイチゴジャム作ったんだあ。皆さんに食べてもらいたくってえ~」
嬉しそうな顔で、どばっとパンにジャムを塗って渡してくれる岩佐のお母さん。

「おいしいです!」
ホントに甘酸っぱくて余計な味のしない自然な風味。
ニコニコしながら食べている私たちを見るお母さん。

作った物を作った人の目の前で食べる。
ああ、うちの嫁さんにも感謝しなくっちゃなあ。



全壊してないとはいえ、1年以上たってもそのままの土砂。
こんな家がまだまだたくさんあります。


今回は、他にもこうやくんハウスと名付けた、プレハブを現地に設置させていただきました。
これは、私が参加している災害復興団体 「友師会」の現地拠点です。

今までやってきた足湯などの傾聴ボランティア、直接の復興支援の拠点になります。
詳しくは、友師会ブログをご覧下さい。

いつもいつも被災地の皆様の
生きる力を見せていただいて、生きる力をもらっています。
Posted by Picasa

0 件のコメント:

コメントを投稿