2013年8月20日火曜日

こぼんさん修行2013



こぼんさん修行。
去年は、バスで徳島県上勝町の穴禅定に挑みましたが、なんせ「泊まりたい!」って意見が多いもので今年は夕方から集合して、座禅と花火と肝試しをして就寝という予定。

お弁当持ちで夜ご飯もラクチン。

なかなかのプランだと自画自賛(笑)


染河内幼稚園が来てくれた時にいつもする、寝る座禅をして、阿息観。

始まりの音である「阿」をしっかり唱えてもらいます。



本当は半可座でしたいところですが、静かに阿字を感じてもらいます。

幼稚園児と違ってしっかり座れます。
意識の集中、静かに心を落ち着けること。

そんなこと、わざわざする時も場所もないので、ただ心を落ち着けて座るという経験の無い子供って結構いるんです。


今年は、募集の紙に「山登り」をします!
って明記していたためか、参加人数は少なめ。

この後お弁当を食べました。

食事の前に「功(こう)の多少(たしょう)を量り、彼(か)の来処(らいしょ)を計る」
の説明をしました。

目の前のお弁当を観る。

このお弁当に、自分の功績はあるか?お米や野菜を誰が作ってくれた?誰が買ってくれた?誰が料理してくれた?
子供のみんなには、まだ、何の功(こう)もないんだよ。

この食材たちは、どうしてここにあるのか?おじいさん、おばあさんが作ってくれた?後継者難の年老いた漁師さんが捕ってくれたくれた魚かも?作ってくれる人、捕ってくれる人、育ててくれる人がいるから、また、内陸の小さな町まで流通をしてくれる人たちがいるから、目の前にそれがある。
いくら金があろうと、作ってくれる人がいなくなれば、捕ってくれる人がいなくなれば、育ててくれる人がいなくなれば、その食べ物は手に入ることはない。

功も来処も考えず、ただ食べる。

食べ物にも人にも失礼なことばかりしているって解るかい?

金だけ出せば何でも自分の思い通り食べられるわけではない。


はぎのまで降りて、花火をしました。

なんせロケット花火とかやりたがるもんで、これって結構ゴミになるんだなあ。
お寺の駐車場でやると、下のグリーン興産やお寺の庭に、ロケット花火の棒が散乱するのだもの。


月明かりがきれいで、あんまり肝試しって感じもしませんでしたが、上のお墓まで肝試し。

二人づつ行くようにしたのに、なぜか怖がりの子ばかりで、10人ずつ…
肝試しじゃないよそれ。



夜はみんなで雑魚寝。
もう少し涼しいと思ったのだけれど、お盆過ぎから熱帯夜。

11時過ぎまで誰も寝ません。

しかも、夜中に順番に「おしっこついて来て~」
朝まで一時間ごとに起こされると言う…

さあ2日目頑張らなくっちゃ。

その2につづく
Posted by Picasa

0 件のコメント:

コメントを投稿