2013年11月3日日曜日

神と仏の道 (熊野古道第二回) その3



二日目、勝浦から新宮までの古道は、市街地が多く古道らしい道はわずかです。
この日ちょうど高速開通に合わせて行われた天空マラソンのためか、車も多く宿泊した「浦島」さんも1600人の宿泊客でごった返し!

何事もない夜…のはずが、なぜかうちの女性メンバーの下着がお風呂で盗難にあってしまいました。
お風呂も混雑していたので取り違えたのかと思いきや、どうも若い人を狙って良い下着を狙った模様。落ち込むメンバーの女性2名。

旅館側が丁寧に対応してくださって、わざわざ一緒に下着店まで送迎、費用弁償してくださいました。旅館は悪くないのに本当にありがとうございました。

旅に出るといろんな経験をします。


熊野古道らしい高野坂(こやのざか)周辺
標高300メートルほどの峠を一つ越えます。


高野坂途中の展望台。
前回は、生い茂る木々で、全く景色が見えませんでしたが、今回は整備が行き届いていて、とても綺麗でした。
草も刈り取られ、木も伐採されて明るくなっていました。

1000年以上この道があり、たくさんの人が変わらぬ景色を見たのか。

道を維持するのも大変です。
途中和歌山市役所から派遣された調査員の方がおられて話を聞くと、NPO団体や地元の人が峠の整備をされたそうです。
あまり古道としては歩く人も少なく、もったいないと言われていました。




昨日調子を崩した山梨さんも快調快調!

坂は緩やかなので、皆さん元気に歩いておられました。


紀勢本線の線路が見えたところで特急くろしおが通りました。
こういう旅情を感じる電車が最近どんどん減っているそうです。夜行列車とかも殆ど廃止になっていっています。

狭い日本、目的地に行く時間も楽しめばいいのに。


熊野灘。
この小石浜、メチャクチャしんどいんです。
たったの1200メートルに一時間近くかかります。

足が小石にとられて時速1.5キロぐらいでしか歩けません。


小石浜を抜けて、ふうっと一息。
皆さんには、ここが難所だと伝えていましたが、「こんなしんどいと思わなかった~」

さあここからは市街地ばかり、速玉大社に向かう途中でめはり寿司を食べて参拝へ。


三連休の中日で速玉大社も大賑わいでした。
あんまり装束姿を見たことないのか、珍しがられながらお勤めしました。

たまーに「写真撮らせてください」という方がいますが、ほとんど隠し撮りのように撮ったり、怪しい集団のような目を向ける人もいます。
私にすれば、信仰なく神社仏閣をお参りする人の方が変だと思うけど。

この日も、「○○ツアー」と書かれた大きなバスの集団が参拝?していました。
バスから降りたのは殆ど女性。拝殿に向かわず、境内の大きなナギの木にむかっていきます。
どうも、パワースポットを巡っている集団のようですが、なんと誰一人参拝せずに木だけを見て帰ってきました。
数百年前から変わらないスポットにおもむき、前世の悪因を浄化するんですと!

因縁は受け入れて次に持ち越さないようにするのが一番で、過去にした罪を自分で消すことは難しい。浄化をのぞむなら善行をして善因を増やせばいいのに。

日本の戦争後の外交を見てもわかる通り、相手側の許しがなければこちらが終わったと言っても終わらない。

良いことを続けて、世界中の人が
「日本も頑張ってきたじゃないか?いつまで過去のことを言って責めているの?」
という世論が完成したときに、やっと悪因を凌駕した善果を得ることができる。

不景気が長く続き、安易な国粋に走る若者もいますが、積み上げた善行は、各国の意識調査を見ても明らかになりつつあります。

おもわず社会派なことを書いてしまいましたが、出来上がった因縁を断つなんて過去に戻ることができない限りできません。まして善因をまかず、善果だけを求めてパワースポットをめぐって何になるのか。

「何故?」そこがパワースポットなのか、神がおわしますから、仏がおわしますから、神仏をしたって人の氣が集まっているから!


Posted by Picasa

1 件のコメント:

  1. せっかく動いているのに、ここが動いていないのが勿体無いです。
    実践だけでは、両翼をあらわせていないです。
    動かない私が言うことはおこがましいと思いますが、勿体無いことです。

    返信削除